年齢確認
あなたは18歳以上ですか?
ここから先は、アダルト商品を扱うアダルトサイトとなります。
18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。

Copyright (c) Manzoku Global Media Ltd All Rights Reserved.

創神のアルスマグナ セレス(The Alchemist of Ars Magna Celestine Megistus)

創神のアルスマグナ セレス(The Alchemist of Ars Magna Celestine Megistus) M8837 M8839 M8840
商品名 創神のアルスマグナ セレス(The Alchemist of Ars Magna Celestine Megistus)
商品番号 M8838
販売価格 1,131円(税込1,244円)
ポイント 11P
出荷 即日発送
定価 オープン価格
創神のアルスマグナとトイズハートの公式コラボオナホールが登場!!
数量

即日発送:通常、営業日14時(土曜は銀行振込支払を除き10時)までのご注文で当日発送。
通常発送:通常メーカー・問屋休業の土日祝日を含まない1〜4営業日以内(メーカー取寄せ後)の発送。
注文予約:入荷次第発送。(お届け可能日前のお届け希望日は選択されても自動的に無効となります。)


商品情報

創神のアルスマグナとトイズハートの公式コラボオナホールが登場!!

ここに世界を救うオナホがある…

〇セレス遊べる美少女PCゲーム「創神のアルスマグナ」とトイズハートのコラボ商品!
なんと、セレスがオナホで登場!
王女様のセレスは試練や逆境に進んで身を置き、自らを磨くことを好む女の子。
アルスマグナ×トイズハートコラボ商品、是非ご堪能下さい!

商品サイズ(mm) 全長132×全幅70×内部長105
BOXSIZE(mm) W80×H190×D65
ホール材質 TPE
商品重量(g) 約410(本体280)
ローション おなつゆスティック12mL

◇シリーズ同時発売中!!◇
創神のアルスマグナ アリア
創神のアルスマグナ ソニア
創神のアルスマグナ ナムタル

創神のアルスマグナ セレス(The Alchemist of Ars Magna Celestine Megistus) 商品説明画像1
創神のアルスマグナ セレス(The Alchemist of Ars Magna Celestine Megistus) 商品説明画像2
創神のアルスマグナ セレス(The Alchemist of Ars Magna Celestine Megistus) 商品説明画像3
創神のアルスマグナ セレス(The Alchemist of Ars Magna Celestine Megistus) 商品説明画像4
創神のアルスマグナ セレス(The Alchemist of Ars Magna Celestine Megistus) 商品説明画像5
創神のアルスマグナ セレス(The Alchemist of Ars Magna Celestine Megistus) 商品説明画像6

数量


レビュー※レビューを書くにはログインが必要となります

当店でのご購入者様で 採用させていただいたレビューには、50文字未満=10pt、50〜99文字 = 50pt、100文字以上 = 100pt を付与いたします!

小傘
投稿日:2021/07/14 ★★★★★
なぜかセレスの投稿をソニアに誤爆してしまった……。 商品イラストでは2色の二重構造っぽい雰囲気だが、実物は肌色一色の単層構造。 個人的には4つの中ではセレスが一番の出来だと思った。 セレスを100点としたら、アリアが95点、ソニアが70点、ナムタルが60点という感じ。 ただし私が買ったソニアはハズレの可能性もあるので、場合によっては、もっと高評価になるかも知れない。 ところで4人もキャラクターがいるのに、素材の色も硬さも全部同じ ……というのは、正直どうなんだと思う。同じ素材と目方でキャラ(のアソコ)を作り分ける という職人芸的なアプローチは当然アリだとは思うが、そうだとすると、入り口あたりの外観なんかはぞんざいすぎる気がしてしまう。肌にしてもキャラによっては、ぷにぷにだったり、ぴちぴちだったり、むちむちだったりするかもしれない。そういう部分も含めて、たとえ低価格商品であっても、トイズハートの名前をつけて売る以上は、きちっとやって欲しい、なんてことを考えてしまう。ここで扱っていない商品を引き合いにするのは気がひけるが、中国のメーカーの大型2穴の「秘密」シリーズでは、屋上、放課後、アイドル(廃番?)、ナースで、肌の色、腹筋の表現、女性器の形状、内部の締まり具合などを、女性キャラの年齢や体格、性交渉の経験によって作り分けているのがよくわかる。そっちは同社の看板シリーズらしいので、同じように作り込むのは無理だとしても、個々の製品のデキだけで満足して思考を停止してしまわずに、もうちょっと頑張って、シリーズの商品としての魅力についても追求してもらいたいと思った。 ……なんてことを思った。

関連商品